中学生の平均身長

中学生(12歳~15歳)の平均身長。中学時代の身長の伸びは将来の最終身長をはかる大事な時期です。中学三年間で伸ばしておかないと、身長の伸びが止まるのはもうすぐです。


≪ 中学生のお子さんの低身長にお悩みのお母さんへ ≫
12~15歳でまだ平均身長に追いつかず低いままという場合、「まだ低いが大丈夫」と思うのは大きな間違いです。身長の伸びが完全に止まってしまう前に
低身長を克服する最大限の努力が必要です。
成長のためにおすすめなのが、アルギニンを主成分としたサプリメント「Dr.Senobiru」

アルギニンは身長の伸びに深く関連する成長ホルモンの分泌を促すキーとなる栄養素
成長期の体作りをしっかりとサポートする為に補給したい成分です。

服用者のほとんどが小学生~高校生の成長期の子どもさんで副作用の報告もありません。 
成長期応援サプリメント「Dr.Senobiru」の詳細はこちら


中学生の定期テスト対策

中学生になって中間テスト・期末テストといった定期テストは親として本当に気をもむところですよね。

塾に行かせてみたけれど、なかなか成績が上がらない。

進研ゼミなどの通信教育をしているけれど、ただやっているだけという感じで、理解できているのかどうか??

そんな中学生は、勉強のやり方、試験勉強の仕方をまずは学ぶということができていないのかもしれません。 

学校や塾ではそれぞれの教科の勉強は教えてくれますが、何をどんなふうに勉強すればよいのか、ワークの解き方や覚え方などは教えてくれません。

勉強が苦手な子どもは、自己流でやってしまうところが成果が上がらない一番の要因なのです。

実際、塾や家庭教師で17年間、子どもを志望校に送り出し続けてきた現役の学習塾講師が書き下ろした
「中学生の勉強法」には成績を上げるための4つの基本ルールから、英語・国語・数学・理科・社会の5教科それぞれについて、どのように勉強したらいいのかの具体的な方法が細かく書かれています。

しかも平均点以下から70点を目指す勉強法、さらに70点を取れた人が80点以上を目指す勉強法、とお子さんの実力に合わせて読み進められる内容になっています。

たくさんのことが書かれているので、できそうなことから一つでも二つでも取り入れるだけで、確実に良い効果が見えてくるはずですよ。

成績が上がると次々に良いことが起こり、家族みんなで喜ぶことができます。

自信もつくので性格も明るくなり、いろいろなことに積極的になり、さらに良いことが起こり、と結果はどんどんついてきます。

親子で熟読し、お子さんの能力を開花させてあげてください。

おすすめです。⇒ 
成績が上がる中学生の勉強法


中学生のニオイ(体臭・足・靴・わきのにおい)対策

思春期にさしかかる中学生はニオイに対してそろそろ気になってくるお年頃。

自分のニオイは自分ではなかなか気がつかないので、学校で周りのお友だちから指摘されたりして傷つきショックを受けてしまうこともあります。

お子さんのニオイについては特にお家で保護者の方が気づいたら早めにケア&サポートしてあげたいですね。

中学生のニオイについての正しい対処法を知っておいてください。

においの原因は細菌。湿気と体温で繁殖しやすい状態がニオイのもと!

誰でも汗をかきますが、汗をかく量には個人差があり、汗をかいただけではにおいません。

嫌なニオイは細菌の繁殖が原因です。
細菌は湿度が高い状態でより繁殖しやすくなります。
長時間にわたって同じ靴や上履きを履いていると、足に汗をかいて湿気がこもり、さらに足の体温で靴の中の温度も上昇するため、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

中学生になると、これまで以上に学校で過ごす時間が長くなりますので、快適に学校生活を送るためにもニオイは気にかけておきたいですね。


学校でも帰宅してからも靴の中に湿気がこもらない工夫を

毎日同じ靴を履いていると靴の中が乾燥しにくくなってしまうので、できれば同じ靴を続けてはかないようにしたいものです。

帰宅したら、すぐに靴箱に入れてしまわないで、風通しの良い場所に置いたり、乾燥剤や竹炭などを入れておきましょう。

靴用の抗菌スプレーを使うのもおススメです。

特に足は足先のほうに汗をかきやすいので、乾燥剤や靴用の抗菌スプレーも靴先のつま先の部分に使うと効果的です。

雨の日で靴が濡れた時は、丸めた新聞紙を靴の中に入れておいて、翌朝まで湿気を吸収させましょう。


ニオイ対策には靴下もケアして!

同じ靴下を一日中はいているのもニオイの原因になってしまいます。

梅雨時や夏場などは予備の靴下を持たせて、運動後などに履き替えるのも有効です。

時間に余裕があるなら足を洗ってから新しい靴下に履き替える方がさらに効果的ですよ。


もしかしてワキガ??中学生のワキの臭いについて

わきの臭いも足の臭いと同様に細菌の繁殖が原因です。
中学生になるとそろそろ早いお子さんだとわきのムダ毛も気になりはじめるお年頃ですが、処理をしないからといってムダ毛が原因でにおうことはありません。 毎日の入浴で清潔に保つことが大切です。

ワキは汗がこもりやすいので、汗を良く吸い取ってくれる綿素材の肌着を着せるようにしましょう。中学から制服になる場合でも、ブラウスやカッターシャツの下に肌着を着ることでニオイ対策に効果的です。


ニオイを感じる場合は、まずは市販の制汗剤を使ってみましょう。それでニオイが解消するという程度なら気にしなくても大丈夫ですが、市販の多くのデオドラント剤は独特の香りが付いているので、そのにおいとワキ臭が混ざることで嫌なにおいになってしまうという人もいます。

また一般に売られている市販の制汗剤には、あまり知られていないことなのですが、パラフェノールスルホン酸亜鉛というような成分が殺菌剤として配合されています。

こういった成分はアレルギー体質の人には、かゆみなどにつながったり、また肌から経皮吸収されて人体にも有害であると言われています。

特に子どもには日々塗るものなので、人体に影響のない、良質の自然な成分のデオドラント剤を選ぶことが大事です。

お子様向けにおすすめなのが、「海露(うみつゆ)」という制汗剤。

海露は市販のデオドラント剤と違って、100%天然の素材だけを原料としている安心安全なデオドラントローションです。
消臭効果、殺菌効果のあるのサトウキビエキスを配合し、海藻エキス、大豆エキスなど全て天然の素材を原料に作られています。 体に塗るものだから、大人はもちろん、安心して子どもにも使える安全な良い成分だけで作られている体臭対策のローションです。

使い心地も優しいので、ワキだけでなく頭皮や足先・つま先など全身にも使えますよ^^。 ジェルタイプで塗りやすくて使いやすいのも人気です。


≫≫海露についての詳細はこちら


身長を伸ばす栄養素:ミネラル

身長を伸ばすためにカルシウムをとるというのが昔からよく言われていることですが、カルシウムには骨を硬く頑丈にすることはできますが、残念ながらカルシウムだけでは身長を伸ばす力はないといわれています。

身長を伸ばすために一番大切なのはたんぱく質です。
タンパク質をメインに、カルシウム・亜鉛・マグネシウムなどのミネラル分をバランス良くとりましょう。
タンパク質は牛肉、鶏肉、豚肉、ハムなどの肉類や魚介類、牛乳、チーズなどに多く含まれています。

それからマグネシウムや亜鉛などのミネラル成分身長を伸ばすために大切な栄養素です。

オランダやドイツなど平均身長の高い欧州の国の人たちは、日本と違って水道水は飲めないためミネラルウォーターから日常的な水分補給を行っています。
ミネラルウォーターを毎日飲んでいる欧州の人はミネラル不足にはなりません。
一方、日本では食事からミネラルをとる必要があるので、欧州の人に比べてどうしてもミネラル不足になります。
日本人が欧米人に比べて身長が低いのは水が一つの要因といえるようです。

子どもの身長を伸ばすためにマグネシウムや亜鉛などの身長が伸びる成分の豊富なミネラルウォーターを日常的に飲ませるように心掛けましょう。

身長が伸びる可能性を秘めた成長期は短いです。
過ぎてしまって後悔しないように、せめて子どもの成長期にあたる小中学生の時期だけでも日常の飲用水をミネラルウォーターにかえましょう。


子どもが小中学生の間だけでも家庭にウォーターサーバーを置きましょう

ミネラルウォーターを日常的に飲むにはウォーターサーバーの設置がおススメ。
ウォーターサーバーから美味しいミネラル水をいつでも飲める環境があれば、子どもはジュースやスポーツドリンクなど欲しがりません。 
高いイメージのあるウォーターサーバーですが、実はジュースを買うことがなくなるのでかえって経済的!!なんです。
また、重いボトル水をいちいち買いに行かなくてよいですし冷蔵庫のスペースをペットボトルにとられてしまうこともありません。 

おすすめのウォーターサーバーはアクアクララ
ろ過された水に良質のミネラル成分がバランス良く配合された家族みんなが安心しておいしく飲める水です。

今ならボトル3本が1本分のお値段(1,260円)になるお得なキャンペーン期間中です。






TOPPAGE  TOP