中学生の間が背を伸ばすラストチャンス

小学校の時に小柄だったけれど中学生になってからぐんぐんと身長が伸び平均身長に達するという人もいます。反対に、小学生の間は平均身長ぐらいか大きめだったけど、中学生になってからの身長の伸びが鈍くなり、そのまま伸びが止まるという人もいます。

大事なのは一時点だけの身長だけでなく、年間にどれくら身長が伸びているか、という一年間の身長の伸びでみることです。

幼稚園、小学校前半では正常なら一年間6cm前後は伸び、クラスでの背の順の席もそれほど変わらないものです。しかし年間の伸びが4.5cm以下ですと各年齢の標準身長からだんだん下の方へ離れて行き、クラスの席順は前の方に押しやられることになります。

このまま放置していくと、その先中学生になってからも標準身長にならないことは明らかです。

小学生の間の伸び率が年間4.5センチ以下だったのなら、中学生になったからといって「そのうちに背が急伸して標準身長になる」と根拠のない望みにすがって、何もせず大切な発育中期を過ごしてしまうのは危険です。

第二次性徴期にあたる中学生の時期が男の子の場合は特に身長を伸ばすラストチャンスになります。

もし中学のクラスで現在少し背が低く、幼稚園・小学校の時の身長の伸びも年間6センチに満たなかったのなら、男子ならできるだけ12歳から14歳までに専門医の所へ今までの発育記録持参で、受診してみるのがよいでしょう。


≫身長を伸ばす栄養素:ミネラルについて


≪ 中学生のお子さんの低身長にお悩みのお母さんへ ≫
12~15歳でまだ平均身長に追いつかず低いままという場合、「まだ低いが大丈夫」と思うのは大きな間違いです。身長の伸びが完全に止まってしまう前に
低身長を克服する最大限の努力が必要です。
成長のためにおすすめなのが、アルギニンを主成分としたサプリメント「Dr.Senobiru」

アルギニンは身長の伸びに深く関連する成長ホルモンの分泌を促すキーとなる栄養素
成長期の体作りをしっかりとサポートする為に補給したい成分です。

服用者のほとんどが小学生~高校生の成長期の子どもさんで副作用の報告もありません。 
成長期応援サプリメント「Dr.Senobiru」の詳細はこちら

関連記事

  1. 身長を伸ばす栄養素:ミネラル
  2. 声変わりと身長の伸びとの関係
  3. 両親の身長から将来の子どもの身長がわかる?

TOPPAGE  TOP